生理前の歯ぐきの腫れも?女性には3度「歯ぐきの危機」がやってくる!

Large ea88c06d15
AH86/iStock/ Thinkstock

    実は男性に比べて女性のほうが歯周病に悩む機会が多いんです。なぜなら女性ホルモンと歯周病には深い関りがあるから。生理前に歯ぐきが腫れたり痛むなど、心あたりがある女性もいるのでは?女性の人生に3度訪れるという「歯ぐきの危機」について紹介します。

    1回目の危機は「思春期」に訪れる!

    イメージ画像
    paylessimages/iStock/ Thinkstock


    口の中には女性ホルモンを栄養源とする歯周病の原因菌が常在していて、その細菌は女性ホルモンと一緒に増殖します。そのため、女性ホルモンが増え始める思春期は、女性にとって1回目の歯周病の危機になります。

    さらに思春期は、試験勉強や部活などで生活習慣が乱れやすく、間食が増えたり、睡眠不足になったり、口内環境が荒れやすい世代でもあります。そのため、女性ホルモンの影響を受けやすい生理の前は、歯ぐきが腫れたり、歯と歯のあいだから血が出たりといった歯肉炎(歯周病の前段階)の症状がでることも。

    思春期に入る前の学童期から予防に努めるなど、保護者の注意も必要ですね。

    2回目の危機は「妊娠・出産期」に訪れる!

    イメージ画像
    nd3000/iStock/ Thinkstock

    妊娠中は、女性ホルモンが急激に増えます。そのため、2回目の危機は「妊娠・出産期」に訪れます。加えて、つわりがある場合は食生活が乱れたり、歯磨きでも気持ち悪くなってしまうなど、口内環境が悪化しがちです。

    歯周病の怖いところは、その影響が口の中や歯、歯ぐきだけに留まらず全身に及ぶところ。どのように全身に及ぶかというと妊娠中に歯周病にかかると、早産のリスクが2倍になるというデータもあり、妊婦さんは注意が必要です。

    また、出産後は育児中心の生活となり、自分のことにかまっていられないため、歯磨きの時間も充分に取れないことも。妊娠を希望している女性は、妊娠前から予防を心がける・歯科に通院しておくとよいですね。また、妊娠中は口の中を清潔に保つため、自分に合ったグッズや歯磨き粉を探すなど工夫しましょう。

    3回目の危機は「更年期」に訪れる!

    イメージ画像
    Ryan McVay/DigitalVision/ Thinkstock

    閉経が近くなり更年期となると、女性ホルモンは徐々に減少していきます。それによって、唾液が減少しドライマウス気味になり、歯周病が進行しやすい状態になります。これが3回目の危機です。

    さらに、女性ホルモンの減少は、骨密度が下がって骨がもろくなる骨粗しょう症を引き起こしやすくなります。骨粗しょう症は歯周病との関係も深いことがわかっており、歯周病を治療することで、骨粗しょう症の進行を抑えられる場合があることがわかっています。

    歯周病によって噛む力が衰えてしまうと食べる楽しみが失われてしまいます。なるべく長く自分の歯で食事を楽しむことができるように、定期的に歯科でのチェックを受けるて歯周病予防に努めましょう。

    歯周病予防のために、生活のなかでできること

    イメージ画像
    Glayan/iStock/ Thinkstock

    それでは最後に、歯周病を予防するために普段から心がけたいことをご紹介しておきましょう。

    1.よく噛む
    あまり噛まずに飲み込むように食べてしまうという人はいないでしょうか?よく噛んで食べると唾液をたくさん出すことができます。唾液は口中を浄化し清潔に保つ作用があります。柔らかいものばかり食べてしまいがちだという女性は、ときには固いものを選んでしっかり噛むことで唾液が分泌されやすくなりますよ。

    2.時間を決めて食べる
    食べる時間を決めずにだらだら食べたり飲んだりしていると、口内環境を整える時間が無いため、歯周病の原因菌が増えやすくなります。食事の時間を決めて、それ以外は飲食を控えるように心がけましょう。唾液の減る夜間は食べないようにすることも大切です。

    3.よく寝る
    睡眠時間が減ると、免疫力が落ちて身体がさまざまな細菌に負けてしまいます。歯周病の原因菌も例外ではありません。免疫力を高めて細菌に勝てる身体にするため、しっかり睡眠をとりましょう。

     

    女性が男性より歯周病になりやすい理由は「女性ホルモン」の影響なんですね。女性にとって大事な3つの時期は心も不安定になりやすいもの。歯周病で悩みが深くなってしまうことの無いよう普段から予防をしておきたいですね!

    1人で悩まないで下さい。
    「噛むのがつらい」
    「周り相談するのがはずかしい」
    「歯医者に相談する事が怖い」
    様々な口内の悩みは多くの方が抱えていらっしゃる問題です。 でも、今後10年後、20年後もずっと「噛める歯」に治療し、保っていくために、しっかりと実績のある病院を選び、まずは素直に相談して下さい。

    専門医がオススメするインプラント歯科

    福岡県
    デンタルチームジャパン
    福岡市博多区博多駅前3丁目-30-15
    ライオンズマンション博多第15大京ビル2F
    詳細はこちら
    東京都
    西麻布口腔外科インプラントセンター
    東京都港区西麻布4-1-4 MKビル2F
    詳細はこちら
    大阪府
    医療法人喜心会 吉岡歯科クリニック
    大阪府茨木市舟木町14-16
    吉岡ビル1F/2F
    詳細はこちら
    京都府
    医療法人原田歯科
    京都府久世郡久御山町佐山新開地196
    詳細はこちら