今からでも遅くない?大人の矯正歯科の選び方

Large 075227fbc1
tixti/iStock/Thinkstock

    歯の白さ、笑ったときの歯のラインなど、歯の美しさが注目されるようになり、大人でも歯列矯正を考える人が増えてきました。でも、「矯正方法が色々ありすぎてよく分からない」「たくさんの矯正歯科からどうやって選べばいいの?」「大人になって始めると時間もお金もかかるってきいたけど」といった理由から、迷ってしまってそのまま……という方は多いようです。そんな方のために大人の矯正についてご説明します。

    お悩み別に考える おすすめの矯正方法

    RyanKing999/iStock/Thinkstock

    大人の矯正に使われることの多い3つの方法をあげてみました。あなたはどの治療方法が向いているでしょうか。

    ・マルチブラケット矯正
    歯の表面にブラケット(歯の表面につける小さな金属器具)をつけてワイヤーを通し、少しずつ歯を矯正するという方法です。1本の歯に1つのブラケットをつけるので細かい矯正が可能で、いろんな矯正方法の中でも早くきれいに矯正できる治療方法といえます。デメリットは歯の表にブラケットをつけるため、目立ちやすいことですが、中には透明、色がついたものもあります。
    こんな方にオススメ 過蓋咬合(上の前歯が下の歯を覆ってしまう状態)、開咬(上と舌の歯の間に隙間がある)、反対咬合歯(受け口)、歯隙歯列(歯の間に隙間がある)、叢生(八重歯など歯が重なる)など、多くの症例に使用可能です。

    ・舌側ブラケット矯正
    歯の裏側にブラケットをつける矯正方法で、表側の矯正と同じように1本の歯に1つのブラケットをつけ矯正します。メリットはやはり、表からの矯正に比べ目立ちにくいということですね。デメリットは、表側の矯正に比べ費用が高くなる・時間がかかる、また舌に触れるので滑舌が悪くなるといったことです。 こんな方にオススメ 表側のマルチブラケット矯正と同じく、過蓋咬合、開咬、歯隙歯列、叢生など多く症例に対応可能です。

    ・アライナー矯正
    マウスピースをつけて行う矯正方法で、歯並びの状態に応じて定期的に交換していき、歯列を徐々に理想のラインに近づけていく矯正方法です。メリットは金属を使わない、取り外し可能、目立ちにくい、デメリットは自己判断で取り外してしまい治療が長期化する、大きく歯を動かす必要のある治療には不向きといったことです。 こんな方にオススメ 上顎前突(出っ歯)、歯隙歯列、過蓋咬合などに向いています。

    失敗しないための矯正歯科選び そのポイントとは?

    YakubovAlim/iStock/Thinkstock

    意外に難しい矯正歯科選びを失敗しないために、どこを見て選んだらいいのかをご説明します。 矯正歯科を掲げている歯科医院 歯医者さんの看板を見てみましょう。「○○矯正歯科」となっているでしょうか。記載がある場合には常時、矯正専門の先生が在籍しているかどうかも確認します。専門とする歯科医師である、日本矯正歯科学会認定医が常時在籍している歯科医院がオススメです。

    インフォームドコンセントを大切にしているか どんな矯正方法があるか、治療期間や費用についてきちんと開示して説明してくれるかどうか、また質問しやすい雰囲気であるかといったことも選ぶ際の大切な要素となります。電話をしたときの対応、無料の矯正相談などがその手がかりとなるでしょう。 頭部レントゲンや歯科用CTがあるか 口元だけのレントゲン撮影をして矯正するのと、頭部から顎のラインまでトータルで考慮に入れて矯正するのでは大きな差があるのは当然です。また、その撮影した画像をしっかり読影して、どのような治療計画を立てるのかも歯科医師の腕によるところが大きくなります。矯正専門医院を名乗るところの多くは、頭部レントゲンやCTを導入、頭部全体を考えた矯正を行っています。

    最新治療も組み合わせて自身にあった矯正治療を受けるには

    luckyraccoon/iStock/Thinkstock

    歯の矯正方法は日々進化しており、ブラケット矯正、マウスピース矯正以外にも、ダイレクトボンディング、ラミネートベニヤやインプラントなど審美治療と組み合わせて短期間で美しい歯へと治療する方法があります。 ダイレクトボンディングは歯隙歯列(歯の間に隙間がある)に用いることが多く、隙間にプラスチックで埋めていくという治療方法です。即日で治療できるのがメリットですが、一方でプラスチックなので変色しやすいといったデメリットもあります。

    ラミネートベニヤも歯隙歯列に使う治療方法で、歯の表面を薄く削り、セラミックを上から被せていくというものす。イメージとしては付け爪のような感じでしょうか。セラミックなので変色しにくく、強いのが特長ですが、保険が適用できることや歯を削る必要があるといったデメリットがあります。 これらの治療法を組み合わせて治療計画を作っていくと、治療方法は本当に多種多様。そんな中から自分にあった治療方法を見つけるにはまず、矯正相談を受けるのがベストです。歯科医院によって相談のスタイルは違いますが、多くの場合、無料ですのでどんな治療方法があるのか話をしっかりと聞き、自分の希望にあった期間・費用のものを選んでいきましょう。

     

    歯列矯正にはさまざまな種類があり、その方によって治療方法・治療期間も異なり、歯科医師にも多くの経験と知識が要求されます。ホームページなどに多くの症例を掲げている歯科医院はそれだけ実績があるということですので、安心のひとつといえます。 デンタルチームジャパンは多くの症例と、最新の治療方法で患者様によりよい矯正方法をご提案しています。美しい口元を手に入れるためには、まずはデンタルチームジャパンをはじめとした経験ある歯科医院に問い合わせをすることから始めてみましょう。

    1人で悩まないで下さい。
    「噛むのがつらい」
    「周り相談するのがはずかしい」
    「歯医者に相談する事が怖い」
    様々な口内の悩みは多くの方が抱えていらっしゃる問題です。 でも、今後10年後、20年後もずっと「噛める歯」に治療し、保っていくために、しっかりと実績のある病院を選び、まずは素直に相談して下さい。

    専門医がオススメするインプラント歯科

    福岡県
    デンタルチームジャパン
    福岡市博多区博多駅前3丁目-30-15
    ライオンズマンション博多第15大京ビル2F
    詳細はこちら
    東京都
    西麻布口腔外科インプラントセンター
    東京都港区西麻布4-1-4 MKビル2F
    詳細はこちら
    大阪府
    医療法人喜心会 吉岡歯科クリニック
    大阪府茨木市舟木町14-16
    吉岡ビル1F/2F
    詳細はこちら
    京都府
    医療法人原田歯科
    京都府久世郡久御山町佐山新開地196
    詳細はこちら